トップ / インプラントで噛める歯に

インプラントの期間

インプラントで噛める歯に

噛めるインプラントが快適

歯の治療に、インプラント治療を取り入れる方が増えています。この治療方法は、歯茎にネジのような人工歯根を埋め、上から人工の歯を取り付ける方法になります。入れ歯とは異なり、自分の歯のような感覚で食べ物を噛むことができると大変な評判を集めている方法で、また、ブリッジ治療とは異なり、自分の歯を削る必要もありません。よって、食べ物をしっかりと噛みたい、自分の歯をわざわざ削りたくない、虫歯治療後も美しい歯でいたいという方は、この治療方法に注目してみてください。

インプラントと金属アレルギー

インプラントの場合には、義歯とは異なり、あごの骨に直接金属の土台となるものを埋め込む手術をともなうため、使用中にぐらついたりすることがなく、快適に食事が楽しめるというメリットがあります。このような金属について、アレルギーの影響があるかどうかですが、通常はアレルギーの心配が少ないチタンとよばれる金属を用いますので、あまり心配はないといえます。ただし、もともとアレルギー体質で気になっているという人の場合は、インプラントの手術前にそのことを歯科医師に申告の上で、パッチテストなどの検査を受けるのがよいといえます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラント治療は痛いのか. All rights reserved.