トップ / インプラントで使う金具

インプラント用の器具

インプラントで使う金具

インプラント治療の方法

近年、歯科治療の分野において、虫歯の治療などではなく歯自体を美しく見せるための処置法があります。インプラント治療はそうした処置の一つで、この治療を行うことによって白くて美しい丈夫な歯を得ることができます。この治療では専用の特殊な差し歯を利用します。この器具はアバットメントなどによって患者にとって適切な形に整形され、歯茎の骨と結びつくことで素晴らしい一体感を生み出します。単純に歯を美しく見せる以上に、このインプラント治療ではより実用的なメリットも多くあり、金額的な負担はありますが多くのユーザーから評価を得ています。

アバットメントの役割について

虫歯や歯の病気や事故などにより、歯が失われてしまった時に天然の歯と同じような機能や見た目を取り戻す治療があります。これは、顎の骨に埋めるインプラントと、失った歯のかわりになる人工の歯とをつなぐアバットメントから作られます。アバットメントには、噛む力を助けて人工の歯を保護し、噛む方向を補正することができ、非常に重要な役割を担っています。また、顎の骨に埋めるインプラントの素材は、ほとんどがチタンで作られており、チタンは金属アレルギーがでにくく鉄よりも強度があり錆びにくいという性質があります。そのため、身体にやさしく安心して使用できます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラント治療は痛いのか. All rights reserved.