トップ / 入れ歯をインプラントに

快適なインプラント

入れ歯をインプラントに

インプラントと入れ歯の比較

インプラントも入れ歯も、歯を失ったときにする治療ですが、大きな差があります。まず、入れ歯は歯のないところに樹脂で作った入れ歯をのせて噛む治療法です。はずれやすく、固い物が噛めないという問題がありますが、保険がきくので安いです。インプラントは、保険はきかないので治療費は高くなりますが、顎の骨に直接埋め込むので、外れる心配なく噛むことができます。セラミックを使うので、見た目もよく、本物の歯のように治すことができます。

インプラントができないケース

インプラントは、入れ歯よりも自然な噛み心地があると人気の治療ですが、誰でもれきるわけではありません。治療前にレントゲンやCTを撮影して、お口の状態を把握する検査をしますが、その時に骨の量が少ない場合には治療することができません。インプラントを埋め込む骨以外にも、重度の肝臓病や心臓病、ホルモン治療をしている場合は受けることができません。飲んでいる薬や内科にかかっているときは、正直に問診票に記入しましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラント治療は痛いのか. All rights reserved.