トップ

インプラントの痛さ

インプラント治療は痛いのか

インプラントと痛みについて

歯を失った時の対策として、最も天然の歯に近い状態にできるのがインプラントです。外科手術も伴いますが、部分的な麻酔をしますので、手術の時には痛みを感じることはありません。麻酔が切れたあとは鈍痛がきますから、歯科医院で処方された、鎮痛剤を飲むようにします。また、数日間の鎮痛剤と抗生物質を処方されますので、指示があったとおり飲むようにすることです。インプラントは最終的に、白い歯まで被されば、とても自然な仕上がりになります。食事は今までの自分の歯と同じように食べることができますし、メンテナンスをして大事に使うことができます。

施術による痛みについて

インプラントは人工の歯を埋め込む技術であり、より自然な歯を取り戻す上でも非常に有効とされています。また取り扱うクリニックが増えたことで多くの人が利用しつつあります。しかし時に施術により痛みを発生してしまうというケースもあります。この施術では歯茎自体に人工歯を付けるための土台を作ります。その際に口腔内の一部を切開したりもするため、腫れや痛みが起こる可能性はあります。またインプラント施術後に強く噛む・かみ合わせが悪い等様々な理由でも発生してしまいます。そのため多少のリスクを理解しつつ、組織が回復するまでは無理せず過ごすことが大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラント治療は痛いのか. All rights reserved.