印鑑の用途

印鑑の主な使われ方としては、様々な方法や使い方があるので、ここでは用途の部分を勉強したいと思う。
みなさんも良くご存知のシャチハタという物。これは印鑑やハンコに当てはまるのでしょうか?シャチハタは正式名称はインク浸透印という。多孔質の合成ゴムを印鑑部分に使って、内側の部分にインクをためこんでいるので朱肉をまったく使わない。
捺すごとに力の入れ具合で印影が変わる場合がるので正式な印鑑とは認められていない。
役所とうでは、シャチハタ不可というものもあるため、注意が必要である。
ただ郵便物では材質等に指名などはないので問題なく使用していただける。しかし、ゆうちょ銀行の場合は、通帳作成時に紛失時の判別に相応しくないとの事で認められないという時もある。

角印は個人・個別ではあまり使用せず、法人や団体の請求書や領収書、または契約書にも使われている事が多い。社名以外にも住所なども記載する為、、縦書き・横書きなど角印の種類も様々。書体は限定されていて、印相体、古印体、隷書体、篆書体などがあり、書体も決められているので注意が必要である。

職印は一定の職業に就いている人が使う印鑑。士業の一部は、その根拠法令に職印を作って登録するように決められている。






おすすめ記事

カッコイイ!

ただ印鑑を入れるだけのケースでも、自分をアピールする事ができますね。ごく一般的なケースでも十分かっこ良さは伝わりますが、スマートなケースも魅力的に見えますね。

ケース

印鑑を買うならケースにもこだわりたいですよね。高級品でも、プラスチック製のケースに入っていたらちょっと安っぽく感じられてしまいますから、ふさわしいものを選んであげましょう。

印鑑、持ってますか?

アナタはしっかり印鑑を持っていますか??
印鑑はあなたの分身ともいっていいくらい重要な役割を果たします。
ですからもしななくしてしまえば大変な事になってしまいます。
保管はきっちりしましょう。

What's New

2013/02/13
更新情報3を更新。
2012/11/14
更新情報2を更新。
2012/04/12
更新情報を更新。
2012/01/17
更新情報を更新。
2012/01/17
書体2を更新。
2012/01/17
書体1を更新。
2012/01/17
印材2を更新。
2012/01/17
印材を更新。
2012/01/17
印鑑と印章を更新。
2012/01/17
ホームページリニューアル